サイエンスホームの家づくり | サイエンスホーム兵庫西店


サイエンスホームの家づくり
 
日本の住宅は、昔と比べると“本物”ではなくなってきました。

戦後、高度成長期に大量供給を可能とした住宅産業。
その頃から多くの住宅各社は、当たり前のように利益ばかりを追求してきました。素材は落ちているにもかかわらず価格は高い、そんな家を売ってきたのです。その結果、日本の住宅の寿命は短くなり、平均で20~30年とも言われています。

また、日本人は流行に敏感で、日本の流行り廃りのサイクルはとても早いように感じます。もちろん住宅業界も例外ではありません。流行り廃りの激しい日本においては、住宅もすぐに時代遅れの古めかしいものになってしまい、その価値は下がってしまいます。

古来、日本の家は、自然の素材を多く取り入れ、流行のないスタンダードなものが当たり前でした。

湿気の多い日本の気候風土を考えて造られた長持ちする家・・・。
流行り廃りのないスタンダードな意匠で、住めば住むほど味が出る家・・・。
本来の日本の家は、そんな家だったはずです。

本物の家というのは、50年、60年経ってこそ価値が出てくるものです。サイエンスホームは、原点に戻り、そのような家を作りたいと思います。

流行に左右されず、時が経つほどに味が出て、住むほどに愛着が湧き、また、いい素材を取り入れることで長持ちする家。そんな家を追求し、サイエンスホームでは、木をふんだんに使用しています。そして木が持つ本来の力を十分に生かすため、構造材としての木が露わになる『真壁工法』を取り入れています。これだけ素材や工法にこだわれば、価格もアップして当然と思われるのは普通でしょう・・・。

しかし、マイホームの建築資金にいくらでもお金をかけられる人はそうそういないと思います。
今日では便利になった半面、生活するだけでもずいぶんお金がかかるようになっています。

ありったけの資金をつぎこみ家を新築したが、生活が貧相になったでは本末転倒では?家を新築することが目的なのではなく、家を新築して豊かな暮らしをすることが目的であるべきではないでしょうか?資金にはゆとりが必要なのです。

サイエンスホームでは、良品質でありながらも、低価格な家を提供致します。
安かろう悪かろうの家ではなく、良品質の家をお求め安い価格で提供したいと考えております。

日本古来の軸組(在来)工法に独自の施工法を加え、精密な加工方法によって、軸組工法では不可能とされてきた工期の大幅短縮に成功し、コストダウンをはかりました。それに加え、現在では自社工場をも稼働させ、「仕入れによる中間マージンのカット」、「供給料の確保」、「安定した品質」を可能にし、さらなるコストダウンをはかっております。

日々の生活レベルを落とすことなく、素敵で長持ちする家が建てられる。そんな家作りを通して、豊かな生活の提案、活性化される社会に貢献していきたい思っています。

『良品質で低価格な家作り…。不可能を可能にした家作り…。』

私たちはこれからも追求していきたいと考えております。