施工事例 | サイエンスホーム兵庫西店

お問い合わせ・資料請求

施工事例

こだわりの家づくり

日向ぼっこをしながら
のんびり寛げる家
姫路城の東の地、外敵の進入時間を遅らせるために道路形状をギザギザにした、のこぎり横丁と言われるこの地にサイエンスホームのお家が完成しました。法規制も厳しく敷地形状も複雑、設計には大変手間取りましたが、施主様のご要望通りのお家が完成しました。従来のRクラスとは異なり、自由設計のSクラスで対応し、独特の世界観を演出しました。南側からの陽射しを、大きな吹抜けから一杯に取り入れ、明るいLDKを実現。日向ぼっこをしながらのんびり寛ぎたい、そんなお母様のご要望が叶いました。

コンパクトな交流型二世帯住宅
“コンパクトな交流型二世帯住宅を”と希望されたI様。とにかく仲良しなご家族で、笑顔や冗談が絶えないお打合せでした。「こだわり」という点では、ある意味異質な方向性で、その価値観に思わず唸ることもしばしば。「失敗したくない」という思いから、色んな切り口から住みやすい家を追及されたI様。完成したお家は明るく、常に家族が有機的に交流できるフレンドリーな空間に癒されます。キッチン廻りの使いやすさは奥様の思いがたっぷり詰め込まれています。高級キッチンTAKARAの「トレーシア」は奥様の自慢のひとつです!

家族の「在り方」を考えたお家
家づくりに対するこだわりと言うのはどんな方でも多かれ少なかれお持ちですが、U様のこだわりは「モノ」ではなく「コト」。どんな暮らしをするべきか、そこにテーマを絞りながら、家族の在り方にスポットをあてられました。個室よりもパブリックなスペースを最大限活用し、「家をつくって家族を失う」と椰楡されがちな現代の家づくりの傾向に、「物申す」と言わんばかりの高い志を持たれた家づくりでした。ブルーを基調にされたコーディネートは奥様のセンス。此方からの提案は不要なほど、きらりと光るセンスをお見せいただきました。

エスニックなチェリーカラーの家
サイエンスホームの雰囲気を決める大きなポイント、ワトコオイルの選定に多くのお客様が悩まれますが、H様はすぐにチェリーカラーに決められるほど、このカラーがお気に入りでした。少し冒険心が必要なカラーとは言え、センスが光るシンプルなコーディネートに脱帽です。大正ロマン、昭和モダンなど、時代の転換期が生み出した独特のテイストを味わうにはもってこいのカラーです。家づくりのテーマは、とにかく「シンプル」にと仰るH様、マイホームの夢を叶えられて大満足のご様子です。

家族の「一体感」を追求した
平屋風のお家
当初から平屋のお家を熱望されていたS様ご夫妻。提案させて頂いた「平屋風」の大屋根のお家に深く感動いただき、大きな間取り変更もなく、すぐにこのお家の良さを受け入れて頂きました。大きな吹抜けの下にあるリビングと、それを取り囲むように配置された寝室や子供室。そして南には緩衝エリアとして土間スペースを配置し、南からの直射日光を避け、柔らかな光を取り入れる工夫をしました。カーテンは封印し、内障子を採用することで和の雰囲気が増幅され、ホッとするお家に仕上がっています。S様のお気に入りは、二階のキャットウォーク、ご主人の秘密基地のような書斎、南の土間など、友人知人に自慢したいと仰る空間が満載です。

こだわりの詰まった
ノスタルジックな和風住宅
大屋根平屋風のダイナミックな外観は格子のエッセンスを加えることで、よりノスタルジックな和風に仕上がりました。施主様のこだわりは細部にわたって表現され、自分らしさを追求した軌跡を感じます。夜の外観は圧巻で、格子から漏れる灯りが一般住宅とは思えない雰囲気を醸し出し、町屋風の旅館のような雰囲気が人の目を寄せ付けます。キッチンのカップボード、洗面台も施主様のこだわりが満載。サイエンスホームでの家づくりを楽しまれ、色んな事にチャレンジして作り上げた、施主様の熱意溢れる住宅に仕上がりました。

次 へ ≫